「クモの巣渡り」で側転の動きにつなげていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「クモの巣渡り」をご紹介します。

3つの椅子の足にゴム紐をくくりつけて、

大きな三角形のクモの巣を作っておきます。

そして、この三角形の中に指先を向けるようにして両手をつき、

両足同時に横向きにジャンプしてクモの巣を跳び越えます。

ジャンプしたら空中で体をひねって、クモの巣の外側に

両足同時に着地ができるようにします。

 

側転の動きにつなげていくために、両手を上から振り下ろしてみたり、

足を片方ずつ着地してみたりしながら練習していきます。

 

腕で体重を支えられる力をしっかりとつけることで、

日常生活での怪我も防いでいくことができるので、

運動あそびを通して怪我をしない健康な体作りを目指していきます。