「前回りからの逆上がり」で逆上がりのコツを覚えていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「前回りからの逆上がり」をご紹介します。

逆上がりは、ただがむしゃらに練習するよりもポイントを押さえて

コツをしっかり身につけていくのが効果的です。

逆上がりで大事なポイントは、「腕を曲げて体を引き付けること」と

「足を上に蹴り上げること」です。

この2つを同時に意識して行なわなければいけないので、

逆上がりは習得に時間がかかることが多いのです。

 

この2つのことを意識しやすくするのが「前回りからの逆上がり」です。

まずは普通に前回りをしますが、着地せずにそのまま足を上に上げていき、

逆上がりをします。

こうすることで足を上げる正しい位置が理解しやすくなり、

腕に力を入れて曲げたままで、

足を上に向かってあげることができるようになってきます。

 

繰り返し行なうことが大切なので、適度に補助をしながら

コツを身につけていけるように練習していきます。