「おつかいカンガルー」でジャンプ遊びの上達につなげます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

縄跳びなどのジャンプ遊びの上達には、ただジャンプをしていれば

良いのではありません。

しっかりとポイントを押さえたジャンプをすることで

ジャンプが上達し、筋力も鍛えることができます。

 

ジャンプ遊びでのポイントは「足を閉じて腕を振りながらジャンプすること」です。

これを練習していくのが、運動あそびの「カンガルージャンプ」ですが、

足を閉じることを最後まで意識して行なうのは大変です。

そこで、「おつかいカンガルー」という遊びがあります。

 

足のひざの間に紙を挟み、「カンガルーの郵便屋さんになって、

お手紙を落とさないように〇〇先生に届けてね。」と伝えます。

紙を挟むことで、落とさないように足を閉じることが意識できます。

紙では薄くて難しい場合は、ハンカチなどで挑戦します。

 

挟む物や距離、難易度も個々によって調節しながら、

ジャンプ遊びで足の指先の踏ん張り力や、腹筋背筋なども育て、

日常生活での姿勢保持などにつなげていきたいと思います。