「ジグザグ横跳び」で側転の必要な力や動きを身につけていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ジグザグ横跳び」をご紹介します。

床に2本のテープや縄を使って線路に見立てたものを作ります。

この線路の中に両手をつき、両足は揃えて一緒に線路の右側に跳びます。

手を前に1歩進めたら、次は両足で線路の左側に跳びます。

これを交互に繰り返して、ジグザグに前に進んでいきます。

 

横跳びをする時に腕に全体重がかかるので腕の力をつけられ、

足を上げて跳ぶことで腹筋や背筋も刺激されます。

横に跳ぶ動きでは側転につなげていくことにもなるので、

腕で体を支える力をしっかりとつけていきながら、

さらにいろいろな動きができるようにつなげていきたいと思います。