「回転イメージ縄跳び」でリズム感や考える力を鍛えます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「回転イメージ縄跳び」をご紹介します。

段階として、回転しながら大縄跳びを跳ぶ「回転縄跳び」や

大縄を跳びながら質問やクイズに答える「イメージ縄跳び」ができたら行ないます。

 

大縄跳びの中に入って90度くらいずつ回転しながら跳びます。

そしたら質問を1つするので、答えてもらいます。

「黄色くて細長い果物はなに?」「おにぎりに巻く黒いものはなに?」

などの質問に、大縄を跳ぶリズムは崩さないように意識しながら

考えて答えていきます。

ただ跳ぶだけではなく回転もしているので、難易度が高くなります。

簡単な質問から始め、ヒントも出しながら遊んでいき、

動きながら考えることやイメージする力を養っていきます。