切り替え力を養う「汽車で合図が鳴ったら忍者座り」で遊びます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達の感情のコントロール力や切り替え力を養う遊び、

「汽車で合図が鳴ったら忍者座り」をご紹介します。

まずはみんなで一緒に汽車になって、時計回りに走ります。

汽車の動きは、両手を体の横で回して車輪のように動かしながら走ります。

そして、途中で「敵がきたぞー!」と合図を出すので、

その場で止まり、素早く立ち膝の忍者座りになります。

そしたらまた立ち上がって、汽車で走り回って遊びます。

 

自由に動く→素早く止まるという動きのメリハリをつけ、

集中力や抑制力、切り替え力を養うことで感情のコントロールも

上手にできるようになってきます。

慣れてきたら走る動きを汽車以外の動きにしたり、

止まるときのポーズを変えてみたり、

合図の言葉も工夫しながらたくさん遊びこんでいきたいと思います。