「めだか走りで集合」遊びで抑制力や判断力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「めだか走りで集合」をご紹介します。

めだか走りは、両手を前にまっすぐ伸ばして手のひらを合わせた姿勢で走る遊びです。

みんなでめだか走りをしている途中で、指導者が合図を出します。

「集まれー!」などの言葉やタンバリンや笛などの音で合図を出すので、

合図があったら子ども達は素早く集合場所に集まります。

 

めだか走りでは、腕を固定した状態で走ることで

体のバランスがとりづらくなるので、軸を安定させて走る練習ができます。

そして走りながら合図を聞くことで、集中力や抑制力、

コミュニケーション能力も高めることができます。

 

集合場所を指定したり、合図の出し方をアレンジしたりしながら

たくさん頭と体を動かせるように遊んでいきたいと思います。