「手押し車じゃんけん」で相手を意識し社会性を身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「手押し車でじゃんけん」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、1人が床に手をついて片足を上に上げます。

もう1人はその後ろから足の間に入り、膝の辺りを持って立ちます。

そしたら2人で息を合わせて前に進んでいきます。

歩くときの主導権は前の子にありますが、

お互いにお互いを意識して息を合わせることがポイントです。

 

そして歩き回っている途中で、指導者が「じゃんけんをしましょう」

と指示を出すので、指示があったら一番近くにいるペアを見つけて、

手押し車の姿勢のままで片手だけ離してじゃんけんをします。

じゃんけんをするとき、片腕立ちになって不安定になりますが、

しっかり腹筋背筋に力を入れてバランスを保てるようにがんばります。

 

常に相手のことを意識しなければうまくいかない遊びなので、

しっかりと社会性を養い、コミュニケーション能力を高めていくことができます。