「コウモリで積み木拾い」で強い体幹を育てることができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「コウモリで積み木拾い」をご紹介します。

まず、鉄棒に両手と膝をかけて逆さまにぶらさがるコウモリになります。

膝に力を入れてしっかり鉄棒を挟んだら、両手を離します。

そして鉄棒の下にある積み木を拾って、前にいる指導者に手渡します。

 

拾う積み木は、色や形、数の指定をしていき、

判断力の低下した逆さまの状態でも素早く判断できるように練習します。

逆さまの状態では人の声を聞くこともしにくくなるので、

聞く力や集中力も育てることができます。

 

また、足だけで鉄棒にぶら下がり、手を伸ばして積み木を拾う動きでは、

腹筋や背筋の力が強く使われます。

特に背筋が刺激されて育つので、とても良い動きです。

 

鉄棒遊びでは常に落下の危険があるので、

バランスを崩して落ちたりしないように補助を行い、

下にもマットを敷いて安全に遊べるようにしています。