「ミニハードル走り」で複雑な動きにも対応できるようにします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ミニハードル走り」をご紹介します。

複数のミニハードルを用意し、間を空けて並べます。

子ども達は、走りながらそのハードルを跳び越していきます。

 

ハードルに当たらないように走るには、ジャンプの高さが

大きすぎても小さすぎてもうまくできません。

スムーズにちょうど良い高さで跳びながら進めるように繰り返し行い、

空間認知力を身に付け、複雑な動きもスムーズにできるように

力をつけていきます。

そのために、コースをアレンジしながらたくさん遊んでいきたいと思います。