「色鬼」で臨機応変に考えて動く力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「色鬼」をご紹介します。

一般的な色鬼と遊び方は同じです。

鬼が指定した色を見つけてタッチすれば、鬼につかまらないというルールです。

 

毎回、鬼が何色を言うかわからないので、その都度色を探して

逃げるコースを考えて動くことが必要になります。

「赤」「青」というだけでなく「トマトの色」など

指示の仕方も少し工夫して遊んでいきます。

 

鬼ごっこは社会性を養うのにとても適した遊びです。

ただ走るだけではなくカンガルーなどの動物の動きでも挑戦し、

抑制力や体の調整力も育てていきたいと思います。