「おつかいゲーム」で記憶の操作力を向上させます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「おつかいゲーム」をご紹介します。

指導者が指示した物を取ってくる遊びです。

ただ歩いて行って、持ってくるだけではおもしろくないので、

少し考える要素を盛り込みます。

例えば「クマ歩きでりんごの絵のカードを取って、

帰りはカンガルーさんでジャンプをして戻ってきてください」などです。

 

最初は単純で少ない指示にし、慣れてきたら「りんご」を「赤い果物」にしたり

動作を付け加えていったりします。

もし何を持ってくるか忘れてしまった場合も、

「りんご」と教えずに「赤くて丸いものだよ」などのヒントにします。

 

一連の流れを頭の中で想像して、全体を見通し、

記憶を操作しながら実行していく力を養います。

同時に語彙力やイメージ力、コミュニケーション力なども

育てていくことができるので、少しずつレベルアップして

自信をつけながら遊んでいきたいと思います。