「音聞きゲーム」で集中力や抑制力を育て、動きのメリハリを身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「音聞きゲーム」をご紹介します。

タンバリンを鳴らすので、子ども達はタンバリンの音が鳴っている間だけ

自由に歩き回ります。

タンバリンの音が止まったら動きを止めてピタッと静止します。

そしてまたタンバリンが鳴り始めたら歩き出します。

 

止まっている時は手や頭も動かさないように意識し、

静と動の動きのメリハリを付けていけるようにします。

止まっている時間が長いほど抑制力が育つので、

動く時間、止まる時間の長さも調節しながら遊びます。

 

慣れてきたら、動くときはカンガルージャンプで動くなどの

動きのアレンジもしていきながら、

しっかり集中してタンバリンの音を聞きながら歩き、

相手や音にも意識を向けながら動く練習をします。