「なぞなぞ横跳び(ケンケン)」でバランスを取る足や体幹の力を強く育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「なぞなぞ横跳び(片足ケンケン)」をご紹介します。

床に赤と緑など2色の縄を、少し間を空けて平行に置きます。

子ども達はその2本の縄の間に入り、片足立ちをします。

そしたら、跳ぶ縄の色を指示するので、言われた方の縄を片足のまま

横跳びで跳び越します。

 

片足立ちで話を聞き、片足で跳んで着地もするので、

かなり強い足の指先の踏ん張り力と腹筋や背筋が必要になります。

片足立ちが苦手な子は、片足立ちの時間を短くして調整します。

 

さらに、縄の色の指示をする時も「トマトの色」や「赤じゃない方」

「先生が持っているカードの色」などの

いろいろな言い方で、判断力やイメージ力を刺激しながら、

楽しく遊んでいけるように工夫しています。