「跳び箱よじ登り→後ろ向き降り」で高所感覚や空間認知力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「跳び箱よじ登り→後ろ向き降り」をご紹介します。

跳び箱を1台置き、周りにはマットを敷き詰めます。

そして手と足を使って跳び箱によじ登り、

跳び箱の上についたら四つんばいになって方向転換をし、

後ろ向きで足からゆっくり降りていきます。

 

よじ登るときには手足の指先をしっかり使うことができ、

体を引き付ける腕の力も育ちます。

そして高いところでの方向転換は高所感覚やバランス感覚を養い、

後ろ向きで降りる時には足の指先で位置を確認しながら降りるので、

空間認知も養うことができます。

 

高さが苦手な子は低い高さから始め、少しずつ高さを上げて挑戦します。

レベルアップは、高くするレベルアップだけでなく

素早く登って降りることも意識しながら遊んでいきます。