「逆上がりキック」で逆上がりのコツを体で覚えます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「逆上がりキック」をご紹介します。

まず鉄棒を握り腕を曲げて体をひきつけたら、

前の足は鉄棒よりも前に出しておきます。

そして頭上に目標物をかざすので、そこを目視します。

目視したままで、足を上に蹴り上げて目標物をキックし逆上がりをします。

回るときには子どもの背中と腰を支えて補助を行ないます。

 

逆上がりができない理由として多いのが、

顎が開いて体が反ってしまうことと、腕が伸びて体が鉄棒から離れてしまうこと

ですが、目標物があることでそれを防ぐことができます。

口で説明したり見本を見せるよりも効果的な方法です。

他にも、腕や腹筋の力もつけながら逆上がりの習得を目指していきます。