「色分けすずめポイントジャンプ」で後方への空間認知や身体コントロール力を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「色分けすずめポイントジャンプ」をご紹介します。

まずは鉄棒につかまって跳び乗り、肘をまっすぐ伸ばして体を支えます。

足は揃えてまっすぐに伸ばし、顎は開いて前を見ます。

これがすずめの姿勢です。

そこから、足を大きく前後に振って反動をつけて、

「1,2,3」でタイミング良く後ろにジャンプして着地します。

 

この動きができるようになったら、狙った位置に着地することを目指していきます。

鉄棒の後ろには、4種類ほどのテープが間隔を空けて貼ってあるので、

跳ぶ前に着地する色を指定してから行ないます。

そうすることでより後方への感覚が強まり、高い空間認知能力も養うことができます。