「平均台の途中で問題に答える」遊びで複数のことを同時進行する力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達が一度に複数のことを行なうのはとても難しいことです。

これを、遊びの中で少しずつ身につけていきたいと思います。

 

運動療育プログラムの「平均台の途中で問題に答える」遊びをご紹介します。

平均台の上を、両手を広げてバランスを取りながらゆっくり渡ります。

その途中で問題を出すので、動きを止めて問題に答え、

終わったらまた平均台を最後まで渡っていきます。

 

問題は「今日の朝ごはんは何を食べた?」「緑色の野菜を1つ言ってください」

などの問題を1つ出します。

簡単そうに思えますが、子どもは平均台から落ちないように

一所懸命バランスをとっているので、

相手の言葉を聞き取って、それを文章として理解し、

さらに答えを導きだすということは難しいことです。

 

ただ、これができるようになると考え方に柔軟性が出てきたり、

複数のことを同時に判断していくことができるので、

簡単なものから繰り返して遊び、しっかりと力をつけていきたいと思います。