「クモの巣反転ジャンプ」で先を予測して動く力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「クモの巣反転ジャンプ」をご紹介します。

腕で体を支える支持力が育つので、跳び箱や側転につながる遊びです。

 

クモの巣に見立てた1本の線が引いてあるので、

両手は線をまたぐように向こう側につきます。

そして、合図があったら足だけジャンプして線を跳び越えます。

手は動かさずに、体を反転させてジャンプします。

続いて2回目の合図があったら、動きを巻き戻すように

足だけを元の場所に反転ジャンプさせて戻ります。

 

合図をよく聞いて動くことと、2回目のジャンプでは1回目と逆方向に跳ぶことを

頭の中でイメージをして、身体を操作することが必要になります。

これを連続して行ない、ジャンプの度に次のジャンプの準備姿勢をとることを

自然と覚えていくことで、先を見通す力が身に付いてきます。

 

最初はゆっくり、徐々に速いスピードでもできるように練習していきます。