「マネっこケンケン遊び」でコミュニケーション能力を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「マネっこケンケン遊び」をご紹介します。

子ども達は一列に並び、片足立ちになります。
そしたら、前の人についてゆっくりケンケンで前に進んでいきます。

ケンケンの状態ではバランスがとりにくくなりますが、
前に人にぶつかったり、前の人との間が空きすぎたりしないように意識して、
一定の距離を保ちながら進むことを目指して遊びます。

 

途中で右足ケンケンから左足ケンケンに変わったり、

両足ジャンプに変わったりします。
しっかり前の人の動きを見て、素早く動きを真似できるように繰り返し行い、

集中力や人に興味を持つ社会性を高めていきます。

 

他にも、ケンケンの動きではバランスを取るための腹筋や背筋、

足の指先の踏ん張る力などが強く育つので、

少しずつ長い距離にチャレンジできるように遊んでいきたいと思います。