「後ろ向きスキップ」でリズム感を養い、太ももの裏の筋肉を刺激します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「後ろ向きスキップ」をご紹介します。

ゆっくりで良いので、後ろ向きにスキップをします。

後ろ向きで顔をひねって、後ろを見ながら進むようにします。

 

通常の前に進むスキップでは太ももの筋肉を使いますが、

後ろ向きになると太ももの後ろ側の筋肉を使います。

この筋肉は歩いたり走ったりする時に重要な役割を持っているので、

走るときにドタバタしていてなかなか前に進まない子や、

姿勢が悪い、転びやすいといった子におすすめの動きです。

 

後方感覚も強く養われるので、環境設定に気をつけながら

長い距離を進めるようにしていきたいと思います。