「つま先歩き」で物との距離を正確に測る空間認知力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「つま先歩き」をご紹介します。

テープや縄で床に30cm幅ほどのコースを作ります。

このコースの中に積み木などの障害物を、間を空けて並べていきます。

そして、この障害物に当たらないようにつま先歩きで歩いていきます。

 

障害物に当たらないように歩いていくためには、

足と障害物との距離を正確に見極めて足を動かす力が必要です。

足をどこにつけば良いかを考えながら歩き、

空間認知や先を読む力をつけながら、

バランスをとる指先の踏ん張り力や体幹の力をつけていきます。