「動物フープ渡り」で空間認知力を高め先を読みながら遊びます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「動物フープ渡り」をご紹介します。

複数のフープを床に並べ、まっすぐだけでなく斜めにも進めるように

コースを作っておきます。

子ども達は好きな動物に変身し、そのフープの中だけに手足をついて渡っていきます。

 

クマ歩きや、カエル跳び、カンガルージャンプなどの動きで、

フープからはみ出さないように慎重に進みます。

フープの中だけを進むことで、次にどこに手足をつくかを考えながら

進むことができ、先を読んで動いたり空間認知能力を高めることができます。

 

難易度を上げるために、音を立てないように進むようにしたり、

入ってもいいフープの色を指定したり、

行きと帰りで違う動物になるようにしたりしながら、

いろいろな方法で遊び、力をつけていきたいと思います。