「クマさんで足じゃんけん」でコミュニケーション能力を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「クマさんで足じゃんけん」をご紹介します。

まず友達と2人組みになります。

そして向かい合ったら、四つんばいから膝とお尻を上げたクマになります。

顔を上げて相手を見たら、タイミングを合わせて足を使ってじゃんけんをします。

グーは両足を閉じてしゃがんだ姿勢。

チョキは片方の足は膝を曲げ、もう片方の足は後ろにまっすぐ伸ばします。

パーは足を伸ばして横に大きく広げた姿勢です。

 

両手をついたままで、一度ジャンプして体を浮かせてから

グー・チョキ・パーの足を出すので、体重を支える腕の力や、

体が浮いた時に倒れないようにバランスを取り、

さらに下半身を持ち上げるという動きで腹筋背筋が育ちます。

 

この動きがスムーズにできるようになると

上半身と下半身の連動性が高まり、鉄棒や跳び箱も上達します。

相手とタイミングを合わせることで社会性を高めることにもつながるので、

アレンジしながらたくさん遊んでいきたいと思います。