イメージ力を養う「忍者降り途中でイメージゲーム」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障がいでよく言われるのが、「ボディーイメージの弱さ」です。

自分の体の部位の位置や、その動きを思い描くことが苦手なので、

危なくないように動いたつもりでも体をぶつけてしまったりします。

これを改善していくには、体を動かしながら遊び、

感覚を統合していくことが近道になります。

 

日々行なっている運動あそびの中の「忍者降りでイメージゲーム」

という遊びをご紹介します。

鉄棒でゆっくり前回りをしたら、足を床につける前に止まり、

シルエットクイズなどに1つ挑戦します。

 

勢いで回ってしまうとそのまま着地してしまうので、

回転をコントロールしながらゆっくり降りるのがポイントです。

そして、空中でクイズに答えることで腕の懸垂力を強く育てながら、

動きながら考える余裕も身に付けていきます。

クイズはシルエットカードやなぞなぞの簡単なものを出し、

イメージ力や語彙力も養っていきながら遊んでいます。