自分の体重を腕で支える力を養う「跳び箱1周跳び」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

腕で自分の体を支えられる力をつけておくことで、

転んだときにも自分の体を怪我から守ることができます。

そんな腕の強い力を養う遊びの「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

 

2段の高さの跳び箱を用意します。

両手をパーにして上についたら、足を後ろに上げてジャンプしながら、

跳び箱の周りを時計周りに回っていきます。

 

手は毎回跳び箱の奥の方につき、

足はバラバラにならないように揃えて

お尻くらいの高さまで上げるようにしてジャンプしていきます。

 

一番大事なポイントは、足を高く上げることです。

足を高く上げると重心が前になり、腕にかかる負荷が増えるので、

腕の力が強く育ちます。

ただ、前のめりに倒れやすくなるので、

跳び箱の前に落ちないように補助を行いながら、

安全に体を動かして遊んでいきます。