身体コントロールや記憶の操作力も高める「ジグザグ片足クマ」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

強い体幹を作り、空間認知力や記憶の操作力なども養う遊びです。

 

床に1本の縄をまっすぐに置いておきます。

姿勢は、四つんばいから膝とお尻を上げ、

さらに片方の足を上げる片足クマの姿勢になります。

両手は縄を挟むようにつき、足は1歩ずつ「右→左→右→左」と

左右交互になるように動かして進んでいきます。

 

1本線をジグザグに進むことで、視覚で縄を捉える空間認知力や、

下半身の動きをコントロールする力、

左右交互に進むという記憶の操作力などが身につきます。

 

そして、バランスを崩さないように進むのに一番重要なのが

足をつく位置と、腹筋背筋の力です。

一番踏ん張りのきく位置に足をつき、腹筋背筋に力を入れて

バランスを取ることが大切になります。

 

筋肉も脳も使ってあげることで成長するものなので、

腹筋背筋を日常的な遊びの中でしっかり育て、

自然に動きが習得できてしまうように促したいと思います。