「できなかったことができるようになる」ことで子ども達の自信とやる気を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達は「できなかったことができるようになる」

「できることが増える」といったことで自分に自信を持ち、

それを次へのやる気につなげていくことができます。

これを、たくさん感じてもらうために私たちはいつも

「スモールステップ」で進めることを大切にしています。

小さなステップアップをたくさん積んでいくことで

より多くの達成感、やる気を感じながら子ども達の心と体を育てます。

 

運動療育で行っている運動あそびの「棒またぎくぐり」をご紹介します。

椅子を2つ離して置き、間にフープをかけた障害物を作ります。

このフープに当たらないように渡る遊びです。

まずはフープの中にまたいで入り、またいで出て行きます。

帰りは同じようにフープの中にまたいで入ったら、

出る時は床を這うワニ歩きになって出て行きます。

 

フープを視覚で捉え、当たらないようにまたぐこと、

くぐる時はフープは見えない状態なので、

位置をイメージしながら体を動かします。

自分の体もイメージしながら動けるようになると

身体周辺感覚という力が育つので、普段の生活の中で

人や物に当たってしまうということが減ります。