「魚釣り」遊びで腕の力をつけて鉄棒の上達につなげます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「魚釣り」をご紹介します。

1本のロープを使って遊びます。

うつ伏せになって両手をバンザイのように前に出したら、顔を上げます。

ロープの端に小さな輪っかを作ってあるので、

そこを両手でしっかりと握ります。

そしたら反対側を持って引っ張っていきます。

 

手が離れないように力を入れてしっかり握り、

腕はだらんと伸ばさずに体の方に引き付けるようにすると、

腕の懸垂力が育ち、鉄棒に生かせる力になります。

そして、左右にカーブしていった時に

体がそのまま倒れてしまわないようにお腹にも力を入れ、

腹筋や背筋も強く育てていきます。

 

腹筋背筋といった体幹の筋力は、すべての運動で必要になり、

日常生活でも必要不可欠な力なので、

運動あそびでしっかり育てていきたいと思います。