「じゃがいも迷路」で自分の体をイメージしながら動く練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「じゃがいも迷路」をご紹介します。

この遊びでは、主に回転感覚を養い先を読みながら動く力をつけていきます。

まずはマットを縦横交互に並べてジグザグのコースを作ります。

マットの端に仰向けに寝転び、膝を曲げて両手で抱えこみ、

体を丸めて小さくします。

この姿勢のまま、横にごろごろ転がっていきます。

 

コースがジグザグなので、マットから落ちないように

方向転換をしていく必要があります。

常に先を意識しながら動き、体の動きを器用にコントロールします。

途中で声掛けをしたり補助を入れることで、

少しずつスムーズにできるようにしていきます。

 

また、回転遊びで回転感覚を身に付けることで、

日常生活の中でバランスを崩したときにも

素早く体勢を立て直すことができるようになります。

 

遊びで培った力を生活の中で生かすことができるように、

工夫した遊びをたくさん提案していきたいと思います。