「アヒルの柵越え」で全身の筋力を調整する力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

最近の子ども達の中には、しゃがみこむことができない子がたくさんいます。

普段の生活の中でしゃがむ動作が減ったことなどで

足首が硬く、体の柔軟性も低いことが原因と考えられます。

 

運動療育プログラム「アヒルの柵越え」をご紹介します。

アヒルの姿勢でしゃがみながら歩き、途中で低い障害物を越えていきます。

アヒル歩きは、足から足へ素早く体重移動をしていくことがポイントで、

全身の筋力をうまくコントロールしてバランスを取ることが必要です。

その動きで障害物を越えることで、さらにバランスをとる力が向上します。

 

単調な動きを繰り返すのではつまらないので、

楽しく遊べるように遊びをアレンジしながら行なっています。