「足だけワニさん」で股関節を開く練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今の子ども達に多いのが「股関節が開けない」ことです。

最近よく言われている和式トイレが使えない子ども達は、

足を股関節から開けないのです。

体の硬さは怪我にもつながります。

子どものうちに体の動かし方を身に付け、

怪我をしない体作りをしていくことが大切です。

 

股関節を開く練習には「ワニ歩き」がおすすめです。

ワニ歩きはうつ伏せになって両手はバンザイのように前に出して

交互に動かしながら体を引き寄せるようにし、

足は横に開いて足の指先で地面を蹴りながら前に進む動きです。

 

股関節を開くために、手を使わずに足の力だけで挑戦します。

足の指先で地面を蹴るためには、足を股関節から

大きく開かなければできません。

補助につきながら少しずつできるように練習していきますが、

苦手な動きの練習ばかりでは面白くなくなってしまうので、

得意な動きと織り交ぜながら、進めていくようにします。