「カップタッチカンガルー」で頭を使いながら全身を使って遊びます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カップタッチカンガルー」をご紹介します。

赤・青・黄など複数の色のカップを、間隔を空けて床に並べます。

子どもは、足を閉じたままジャンプするカンガルーさんで、

カップをしゃがんで片手でタッチしながら進んでいきます。

 

1回目は全てのカップにタッチしても好きな色にタッチしても良いです。

2回目からはタッチする色を指定して行います。

「青だけタッチ」や「バナナの色とりんごの色をタッチ」、

「黄色と青だけタッチ。赤は爆弾だからタッチしてはダメ」

「赤→青→黄色→赤→青→黄色の順番にタッチ」など

タッチする色や順番を指定して挑戦していきます。

 

色の認識力やイメージ力を高め、条件や順番を記憶し

さらにそれを操作する力が養われます。

そして、カンガルーの姿勢からしゃがんでカップをタッチする動きは

スクワットの動きになるので、全身を使うことができ

しっかりと運動量を稼ぎながら遊ぶことができます。