強い体幹とバランスの良い体作りに「跳び箱の飛び降り」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

日常生活の中で、まっすぐ転ばずに歩くことや、

座った時に足を閉じて背筋を伸ばして座っていられるためには、

腹筋背筋や足の指先の踏ん張る力などが必要になります。

これらの力をつけたい時、大人は筋トレをしますが、

子ども達には筋トレは不向きなので、運動あそびの継続によって

必要な力を遊びながら育てていくことが大切です。

 

運動療育プログラムの「跳び箱の跳び降り」をご紹介します。

低い跳び箱の上に乗ったら、腕を振って跳び降ります。

大事なのは着地の仕方で、両足で同時に着地します。

足がバラバラになると、足や腹筋などの力を使わない着地に

なってしまうので、両足同時の着地を意識します。

 

慣れてきたら、着地する位置にフープを置いてその中に着地したり、

音を立てない静かな着地にも挑戦していきます。

音を立てない着地では、上半身も連動させることが必要になるので

さらに体の操作力を上げていくことができます。

 

1人1人の段階に合わせて調節しながら、無理なく楽しく

遊べるようにしていきたいと思っています。