「フープ運びクマ」で自分の体をイメージして動く練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障がいを持つ子どもの多くは、自分の体の客観的な

イメージを持つことが苦手です。

そのために、よく人や物にぶつかってしまったり、

「体を大きく回しましょう」などの曖昧な表現ではうまく理解が

できないことがよくあります。

自分の体が今どうなっていて、どこをどうすればどの形になるのか

といったようなボディイメージをもてるように練習をしています。

 

運動療育プログラム「フープ運びクマ」をご紹介します。

動きは基本のクマさん歩きです。

四つんばいから膝とお尻を持ち上げて、顔を上げて歩きます。

このクマ歩きで、お尻にフープを乗せて歩いてみます。

 

お尻は見えない位置にあり、フープを落とさないように歩くには、

フープの位置や体の動かし方を考えながら動かなければいけません。

前を向いて歩きながらも、全身に意識を集中させて歩きます。

 

また、速くゴールしたいという気持ちを抑えながら歩くことで

「抑制力」が育ち、感情のコントロール力にもつながります。

遊び方を工夫することで育つ力を増やしていけるのが、

私たちの運動プログラムの魅力でもあります。

いろいろな遊びを通して、たくさんの力を養い、

子ども達が安心して生活していけるようにサポートしていきます。