「ボール運びクマ」で友達と協力して遊び協調性を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ボール運びクマ」をご紹介します。

友達と2人ペアになり、隣に並んでクマさん姿勢になります。

2人の体の間に大きめのボールを挟んだら、

ボールを落とさないように2人で一緒にクマ歩きをしていきます。

長い距離だと集中が途切れたり、疲れてボールを落としてしまうので、

短めの距離で繰り返し行なうようにします。

 

友達とペースを合わせて歩くことや、ボールを落とさないように

意識することなど、複数のことに意識を向けて動き、

集中力や協調性も養っていきます。

相手に合わせて動くことでは強い社会性を養うことができるので、

遊び方を工夫しながら繰り返し遊んでいきたいと思います。