2つのことを同時に行なう器用さを育てる「いじわる縄跳び」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「いじわる縄跳び」をご紹介します。

大縄跳びを使って遊びますが、縄は回転させず、

子どもの足元で左右にゆらゆら揺らします。

足元にはテープで四角い枠を作っておくので、

その中からはみ出さないように気をつけながら、

縄に引っ掛からないように両足でジャンプします。


縄は大きく揺らしたり小さく揺らしたりします。
慣れてきたら途中で縄をピタッと止めていじわるをするので、
縄が止まった時は跳ばずに体を止めることができるようにします。

 

縄の動きをしっかり見て跳び越すこと、

縄が止まったら跳ばないことをしっかり記憶しておいて実行します。

この遊びで、頭と体の連動がスムーズにできるようになるので、
2つの動作を同時に行なう器用さも身に付いてきます。