「りんごキック」で同時に複数のことに意識を向ける力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「りんごキック」をご紹介します。

鉄棒の逆上がりの練習になる動きです。

 

まず鉄棒に逆手でつかまり、肘を曲げて脇を締め

できるだけ鉄棒に体を近付けてぶら下がります。

そこから膝を曲げて両足を持ち上げたら、片足ずつ前にキックします。

 

この遊びで、主に懸垂力の基礎となる指の力や、肘を曲げて

体を鉄棒に引き付けるという上半身の力を養います。

さらにキックする動きで、腹筋を使って下半身を持ち上げる力も育ち、

逆上がりでの足の蹴り上げが上達します。

 

 

腕に力を入れてぶら下がった状態で足を蹴り上げる動きで、

体の一部だけでなく複数の場所に意識を向けながら

体を動かすことができるので、

一度に複数のことを行なうのが苦手なお子さんにもおすすめの遊びです。