今の子ども達が苦手な動きも、遊びの中で自然と育てていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動あそびプログラムの「片足クマで進んで足打ち」をご紹介します。

まず、少し離れたところにマットを敷いておきます。

そして、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさん姿勢から、

片方の足を上げて歩く片足クマさんでマットまで歩いていき、

マットに乗ったら両足を蹴り上げて、空中で1~2回足打ちをします。

 

余裕を持って空中で足打ちをするためには、

体がつぶれないように腕でしっかり体重を支えることと、

足を上げると同時に、体重を下半身から上半身へ移動することです。

これがうまくできると、足打ち2回も余裕を持ってできます。

 

 

そして、足裏で足打ちをするのにもう1つ大事なことは、

足を股関節から大きく横に開いて、がに股になることです。

 

最近は、股関節を開くことが苦手な子も多くなっているので、

日常的にこのような動きを取り入れ、

柔軟性のある怪我に負けない体作りをしていきたいと思います。