模倣遊びで人に意識を向け、周囲に目を向ける力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「スキップでマネっこ歩き」をご紹介します。

子ども達が指導者の真似をして動く遊びです。

 

指導者が先頭に立ち、子ども達はその後ろに一列に並んだら、

スキップで進んでいきます。

前の人とぶつかったり離れすぎたりしないように距離を一定に保ちながら、

先頭の指導者の動きを見て真似をして動きます。

前の人と先頭の指導者の両方を意識して動かなければいけないので、

同時に複数のことに気を配る力が育ちます。

 

慣れてきたらコースを複雑にしてみたり、腕を動かしたりして

難易度を上げ、集中力や判断力、模倣力を養います。

この遊びが上手にできるようになると集団の中で

周囲のことに気を配り、気付くことができる力を育てていくことができます。

 

自分以外の人に興味を持ちにくい発達障害の子ども達に、

周りの人に意識を向けることができる遊びで、

社会性やコミュニケーション能力を養っていきます。