簡単な遊びで投げる動作の習得につなげていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

最近はボール投げが苦手な子どもや若い人が増えていますが、

日常の中でボール遊びをする場所や機会も少なく、

なかなか練習ができないのが現実です。

 

ボール投げをするためには、脇を開いて腕を振り上げることが

まず必要になります。

これは、小さい頃から経験していくことで身に付いていくので、

そのための遊びを療育活動の中にも取り入れています。

紙飛行機を飛ばす、新聞紙で作った紙鉄砲を鳴らす、

メンコやビニール製の起き上がりこぼしを叩くのも効果があります。

これらは、製作活動と組み合わせながら遊ぶことができます。

 

他にも天井から垂らした目標物をジャンプして叩いたり、

子ども達が楽しみながらできるように工夫して遊んでいます。

繰り返しその動きを経験していくことで体がその動きをしっかり覚え、

次の動きにつなげていくことができます。

 

1人1人段階が違うので、個々に適した遊びを提供しながら

楽しく効果的な療育活動になるようにしています。