「障害物クマ歩き」で自分の体をイメージする力をつけていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「障害物クマ歩き」をご紹介します。

床にはいろいろな大きさの障害物を、間を空けて並べます。

この障害物を避けて、当たらないように気をつけながら、

クマ歩きで歩いて行きます。

 

障害物に当たらないように歩くためには、

障害物との距離や大きさを正確に把握する空間認知の力、

自分の手や足が今どの位置にあるかイメージする力が必要です。

 

子どものうちはこの能力がまだ未発達ですが、

特に発達障害の子達はこれらの力が弱いので、

障害物を使った遊びもいろいろ取り入れながら、

遊びの中で力を養っていきたいと思います。