座ったまま歩く遊びで足の指先を刺激します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

 

私たちが運動療育で行っている運動あそびには、

足裏や足の指先を刺激できるような遊びがたくさんあります。

足の指先を刺激することは、子ども達の発達においてとても重要です。

足の指先をしっかり使えるようになると、

バランスをとることが上達するので転びにくくなったり、

土踏まずの発達にもつながります。

 

運動療育プログラムの「体育座りで歩く」遊びをご紹介します。

まずは体育座りをし、そのままの姿勢で足を動かして前に進んでいきます。

足の指先で地面をつかむようにして進むと、うまく進むことができます。

 

慣れてきたら友達と競争をしたり、リレーのようにして遊び、

友達と遊ぶ楽しさも感じながら活動できるようにしています。