怪我をしない体作りのために、遊びながら基礎筋力を育てていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「その場でウシガエル」をご紹介します。

「ウシガエル」の動きは、跳び箱の開脚跳びに必要な力を

身に付けていく遊びですが、腕の力がつくことで転んだ時に

顔などへの怪我を防ぐことができ、

足を開く動きで股関節の柔軟性を高め、怪我予防にもつながります。

 

まず、足を横に大きく開いてしゃがみ、

両手をパーにして前につき、手→足→手→足の順番で

交互に前に出しながら進んでいく動きです。

足を出す時は、手の横か手よりも前に来るように跳びます。

 

手を前についてから足を浮かせるので、腕にかかる負荷が大きく、

腕で体重を支える力や、バランスをとる体幹の力が育ちます。

 

このウシガエルの上達になるのが、「その場でウシガエル」です。

手をついたらそのまま動かさずに、足だけを前後に動かします。

これを繰り返すことで動きが安定し、かっこいいウシガエルになります。

 

日々の運動あそびで、怪我をしないバランスの良い身体作りをし、

ますます運動することを好きになり、

自分に自信を持ちながら成長していけるように促したいとおもいます。