運動が楽しくなるように、いろいろな感覚を遊びながら身に付けていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

私たちの方向感覚には「前後」「左右」「上下」という種類の感覚があります。

これらの感覚は、幼児期からの経験の積み重ねで身に付けていきますが、

中でも「後方」の感覚はなかなか育ちにくい感覚で、

積極的に経験していくことが大切になります。

 

後方感覚が育つと、自分の周りの空間感覚が広がることで

活動の幅が広がるので、教室では後方に意識を向ける遊びも行なっています。

 

 

運動療育プログラムの「すずめの飛び立ち」をご紹介します。

まず鉄棒につかまって飛び乗り、肘を伸ばして顎を開いたら、

足は揃えてまっすぐ伸ばしておきます。

そしたら足だけを前後に大きく振って反動をつけ、

反動がついたらタイミングをはかって手を離し、後ろに飛び降ります。

 

徐々に遠くまでジャンプできるようにしたり、

目標地点を決めてから飛ぶことで、より後方への意識を高めていくことができます。

 

いろいろな感覚を身につけることで活動の幅を広げ、

ますます楽しく体を動かせるようになっていきます。

運動が苦手なお子さんも、遊びを中心とした運動療育で

少しずつ楽しく力をつけていくことができますよ。