効果的なジャンプ遊びで体幹や下半身の筋力をしっかり育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「跳び箱の跳び降り」遊びでは、

低めの跳び箱から跳び降りることで、足のつま先の踏ん張り力や、

脚力、腹筋背筋などを育てることができますが、

効果的に力をつけるにはポイントがあります。

それは「両足でしっかり着地すること」です。

着地の時に足がバラバラになると、足や体幹をしっかり使うことができません。

 

しっかり両足で着地することを意識できるように、

着地位置からフープを2~3個並べて置き、

着地の後にそのフープの中を両足ジャンプで跳ぶようにして練習します。

できれば最後にかっこいいポーズをとってもらうようにします。

こうすることで両足着地だけでなく、

集中力や記憶力、空間認知力なども養っていくことができます。

 

また、フープがあることで着地位置や進む場所が明確になるので

動きやすくなるという効果もあります。

子ども達が心地よく楽しく活動し、効果的に力をつけていけるように

いろいろな工夫をしながら運動あそびをしています。