成功体験や達成感を多く感じることで自信を持ち、次に向かう力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「豚の丸焼き」は、両手を縦にして鉄棒につかまり、

足を蹴り上げて鉄棒に絡ませてぶら下がる遊びです。

手と足の両方に意識を向けて力を入れておくこと、

顎は開いて床を見るようにすることがポイントです。

 

まず最初の難関は、足をかけるところです。

しっかり足を蹴り上げて腹筋に力を入れながら、

股関節から足を開いて鉄棒を挟むようにします。

足が開けていないとうまく鉄棒に絡ませることができません。

 

足が鉄棒にかからなくて何度も繰り返しているうちに

手の力がつきて落ちてしまうことがあるので、

子どもの手首を握りながら、体の下に膝を立てて足を入れておき、

あと少し、というところを補助で持ち上げてあげます。

 

次は、顎を開くところです。

逆さまになる感覚がしっかり身に付いていない子は、

怖くて顎を開くことができません。

怖くないように体を支えながら、少しずつ下を見ることができるように

目標物を置いたりしながら遊んでいきます。

 

子どもは、怖い経験をするとやりたくなくなってしまったり、

次のステップに挑戦できなくなってしまうので、

怖がっている子は無理をせず、できる段階の遊びを行ないます。

そして、成功体験や達成感を繰り返し感じていくことで、

次へのやる気や「自分はできる」という気持ちを育みながら

活動できるようにしていきたいと思います。