そのお子さんに合った遊びの提供で、無理なく楽しく療育に取り組むことができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害を持つ子ども達は、股関節周りの硬い子が目立ちます。

そこで、日常的に足を大きく開くような遊びを取り入れ、

 

体の動かし方の幅を広げたり、怪我の予防につなげています。

 

運動療育プログラムの「ワニ歩き」も、股関節を開く遊びです。

やり方は、うつ伏せの姿勢で手を交互に前に出して

体を引き寄せながら、足の親指で地面を蹴って進んでいきます。

 

股関節が開けていないと、足の親指で地面を蹴ることができないので、

 

股関節を開けるように後ろから補助をしながら行います。

 

ワニ歩きでは、他にも腕を引き付ける力を育てることができます。

顎が床に着くくらい低い姿勢で、手を前に出して体を引き寄せるようにすると

引き付ける力が効果的に育てられます。

顎を下げることを意識しやすくするためには、

棒や縄などの障害物の下をくぐるような遊びにすると

自然と頭を低くできるので、子ども達も動きやすくなります。

 

 

腕の力を育てたい子、股関節を開けるようにしたい子、

くぐる遊びが好きな子、嫌いな子、

いろいろなお子さんがいるので、それぞれに一番合った遊びで、

体を動かすことや友達と遊ぶことの楽しさ、

何かをやりとげた時の達成感などいろいろなことを経験しながら

子ども達の能力を引き出していきたいと思います。