楽しく体を動かして遊ぶことで脳力も上げていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動あそびプログラムの「おつかいカンガルー」をご紹介します。

カンガルーは、両足でジャンプしていく遊びです。

ジャンプ遊びの一番のポイントは「両足を閉じる」ことです。

足を閉じたジャンプで、足の指先の踏ん張る力や

腹筋、背筋などの体幹もしっかり育てることができます。

 

ただ、子ども達に「足をくっつけてジャンプしようね」と伝えても、

やっているうちに忘れてしまうことが多いので、工夫をして遊びます。

 

まず、両膝の間に手紙を挟んで、落とさないようにします。

そのままでジャンプしながら、ゴールまで手紙を運びます。

足の間に紙を挟むことで、足を閉じてジャンプすることが意識できます。

 

慣れてきたら床に複数の色のカップを並べ、手紙も折り紙にします。

そして、足に挟んでいる折り紙と同じ色のカップだけをタッチしながら進んだり、

足に挟んでいる色だけタッチしないようにしながら進みます。

 

このように、足を閉じたジャンプに「色の認識や判断、記憶」といった

認知的な部分を加えたアレンジをして遊んでいくことで

体だけでなく脳力も鍛えていくことができます。

 

お勉強のようになってしまうとやらされている感覚になってしまうので、

楽しく遊べることを大事にしながら活動しています。