段階を追った取り組みで、自信をつけながら次に挑戦していくことができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

 

鉄棒の逆上がりは、一度に複数のことに意識を向けることが必要で、

腕や腹筋、足など全身の筋力も必要になる動きなので

 

子どもにとっては難易度の高い遊びです。

これを段階を追って練習していくことで、失敗経験を減らし、

成功体験を増やしながら習得していくことができます。

 

 

 

まずは「ぶら下がり遊び」から始めます。

鉄棒に両手でぶら下がっておさるさんのように体を揺らしたりしてみます。

この時、できれば脇を締めて腕を曲げられるようにします。

このぶら下がりができたら、次は足裏を打ち合わせる「足打ち」を行います。

足を持ち上げて打ち合わせることで、腹筋や太ももの筋力が使われます。

 

少し長い時間ぶら下がれるようになってきたら、

次はぶら下がっている足の辺りにボールを投げるので、足でキックします。

右足左足順番に蹴ってみたり、蹴るボールの色や

蹴ってはいけないボールの色などを指定しながら、

体の動きを調整する力、指示を記憶して実行する力、判断力なども養っていきます。

 

こうした遊びを通して1つ1つ力をつけていくことで

逆上がりがスムーズに達成できます。

 

逆上がりができてもできなくても困ることはありませんが、

 

やはり逆上がりができることは子どもにとって大きな自信になります。

 

運動によってつけた自信は日常生活や学習にも良い効果をもたらすので、

無理のない楽しい運動あそびで、将来を見据えた支援をしていきます。